任意整理

裁判所等を利用せずに、裁判外で各債権者(サラ金業者やクレジット会社等)と交渉し、これまでの取引を法定利率に基づいて再計算した残額を一括又は分割で支払っていく手続きです。

★処理の流れ

司法書士が任意整理を受任すると、その日のうちにサラ金業者、クレジット業者に受任連絡を入れます。

受任連絡後は、法律により、業者から借主に対する、督促行為が禁止されるため、督促の電話などは止まります。

そして調査の結果、過払金が発生している場合は、任意の交渉または訴訟により回収し、費用や残債務への返済に充てます。

任意整理では、各社との和解契約締結後に支払いスタートとなるため、それまで支払いをストップすることができます。

基本的には法定利率による再計算後の金額を3年~5年払いで返済していけるかどうかが一つの目安になります。

ただ、ここ最近は、以前はすんなり認められた長期の分割払いや利息カットが認められなくなるといった例も多々見受けられます。